海老蔵、舞台出演は365日で千回 「六本木歌舞伎」にかける思いとは?

2019/03/02 11:30

 市川海老蔵、中村獅童らが立ち上げた六本木歌舞伎。第三弾目となる今回の演目は、芥川龍之介の「羅生門」だ。V6の三宅健が下人役で出演する。歌舞伎初挑戦となる三宅に、海老蔵は「舞台に居るだけでいい」と話す。公演にかける思いを、それぞれの視点から語り合った。

あわせて読みたい

  • V6三宅健、歌舞伎初挑戦のプレッシャーに「アンキパン欲しい」

    V6三宅健、歌舞伎初挑戦のプレッシャーに「アンキパン欲しい」

    AERA

    3/1

    市川海老蔵、三宅健 出演【六本木歌舞伎 第三弾『羅生門』】2019年2月開幕決定

    市川海老蔵、三宅健 出演【六本木歌舞伎 第三弾『羅生門』】2019年2月開幕決定

    Billboard JAPAN

    9/18

  • 海老蔵「モテるでしょうし、好き放題できる時代が来てしまう」わが子の未来語る

    海老蔵「モテるでしょうし、好き放題できる時代が来てしまう」わが子の未来語る

    週刊朝日

    3/5

    市川海老蔵さんとV6の三宅健さんが週刊誌AERAで対談!羽織袴姿の2ショットも披露

    市川海老蔵さんとV6の三宅健さんが週刊誌AERAで対談!羽織袴姿の2ショットも披露

    2/26

  • 寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    週刊朝日

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す