「信仰とは人生や人格そのもの」現役僧侶が見た、日本社会の中の異教とは?

読書

2019/02/11 11:30

 宗教学者でもある釈徹宗(しゃく・てっしゅう)さんによる『異教の隣人』は、日本で生活するさまざまな異教徒のコミュニティーを訪ね、彼らの話を聞くことで日本社会の今後を考えていくルポルタージュだ。著者の釈さんに、同著に込めた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 秀吉や家康が「キリスト教の布教」を認めていたら日本はどうなっていたのか?

    秀吉や家康が「キリスト教の布教」を認めていたら日本はどうなっていたのか?

    ダイヤモンド・オンライン

    6/1

    無宗教でもこれだけは知っておきたい宗教のことばとは?

    無宗教でもこれだけは知っておきたい宗教のことばとは?

    dot.

    7/31

  • 創価大学に“宗教色”ゼロなのは「世界宗教になっていくことを本気で考えているから」 佐藤優氏が指摘

    創価大学に“宗教色”ゼロなのは「世界宗教になっていくことを本気で考えているから」 佐藤優氏が指摘

    AERA

    11/18

    「海」という視点でとらえた世界の縮図のような宗教世界 写真家・田川基成

    「海」という視点でとらえた世界の縮図のような宗教世界 写真家・田川基成

    dot.

    11/16

  • 愛国と信仰の構造

    愛国と信仰の構造

    週刊朝日

    3/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す