Zeebra、ホウレンソウを見ると思い出す裏原の“あの味” 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Zeebra、ホウレンソウを見ると思い出す裏原の“あの味”

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務め、自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCも務める。番組収録は半日以上かかるが、毎回多彩なゲストに囲まれて、刺激的なひととき(撮影/写真部・松永卓也)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務め、自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCも務める。番組収録は半日以上かかるが、毎回多彩なゲストに囲まれて、刺激的なひととき(撮影/写真部・松永卓也)

ホウレンソウ/ビタミンやミネラル、鉄分を豊富に含む、緑黄色野菜の代表選手。東洋種は葉が薄くアクが少ないのでおひたし向き、西洋種は肉厚で味が強いのでソテー向きとされたが、今は交雑種が主流。アクが少なく、生食に適したサラダホウレンソウも人気(撮影/写真部・松永卓也)

ホウレンソウ/ビタミンやミネラル、鉄分を豊富に含む、緑黄色野菜の代表選手。東洋種は葉が薄くアクが少ないのでおひたし向き、西洋種は肉厚で味が強いのでソテー向きとされたが、今は交雑種が主流。アクが少なく、生食に適したサラダホウレンソウも人気(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 見た目があまりにも「緑」じゃないですか。形もギザギザと迫力があって、あれが子どもをびびらせる。だから、ホウレンソウが嫌いな子がいるっていう前提があって、アニメの「ポパイ」もその前提で作られている気がします。でも僕は小さい頃から、嫌いな子がいる中で「俺、食べられるよ!」と。そんな「自分は大人びている」という感覚が好きでした。4月2日生まれなので、クラスで一番身体が大きい。幼稚園の名簿が誕生日順で、いつも一番最初なのが誇らしかったですね。

 大人になった今好きなのはホウレンソウのカレー! 10代のころ裏原宿に「Ghee(ギー)」っていう店があってよく行きました。スタジオが近くていろんなミュージシャンが出入りして。オーナーもクラブでDJやったりしててね。そこでバイトしていたのが人気ブランド「A BATHING APE」を立ち上げたデザイナーのNIGO君です。彼が開いた「CURRY UP」という店では「Ghee」の味が再現されているので、時々食べに行きます。形が残るぐらいホウレンソウがザクザク入ってて、うまいんですよ。

AERA 2018年12月24日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい