「こんな委員決めはもう嫌」 PTAの変革に奔走する親たち

2018/12/10 11:30

 PTAは、本来は任意参加なのに、強制的な自動入会が慣習化されていることが大きな問題になっている。埼玉県のある中学校のPTAは今年度から入会届を導入した。たかが紙一枚だと軽視されがちだが、自主的に参加するという意識づけや、参加しない自由があることを周知できる仕組みは不可欠だった。

 このPTAの副会長の女性(41)が組織を変えたいと思い始めたのは2年前。役員として4月の委員決めを進行したところ、やっていない人に無理にやらせようとする保護者と対立した。

「こんな委員決めはもう嫌だ」

 翌年度からは各クラスから委員を定数出す形をやめにした。

 そして入会届を配布するという改革にも乗り出した。導入するには、校長の許可を得る必要がある。当初、校長は「今じゃなくても」と及び腰だったが、何度も説得した。さらに埼玉県教育委員会が学校管理職向けに、PTAを正しく運営するよう通知を出したため話が前進した。PTAを改革しようとする社会の空気も後押ししている。

 女性はこう振り返る。

「問題点を全部改善できたわけではありません。反対する人にも正義があるし、長年やってきたという自負もある。こちらも一方的に主張するのではなく、協力してくれる人を巻き込みながら変えていきました」

(PTAジャーナリスト・大塚玲子)

AERA 2018年12月10日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • PTA退会で「転校されたら?」 それでも改革に乗り出す親たち

    PTA退会で「転校されたら?」 それでも改革に乗り出す親たち

    AERA

    12/10

    嫌われるPTA… デメリットばかりじゃない!上手に付き合うための心得

    嫌われるPTA… デメリットばかりじゃない!上手に付き合うための心得

    AERA

    10/26

  • PTA退会で校長室に呼び出し? PTA論争勃発

    PTA退会で校長室に呼び出し? PTA論争勃発

    AERA

    4/2

    PTA「子どものための活動なし」の理不尽さ…疲弊する親たちからの悲鳴

    PTA「子どものための活動なし」の理不尽さ…疲弊する親たちからの悲鳴

    AERA

    6/5

  • 犬の散歩コース変え、運動会も不参加…PTAいじめ経験者が内実を吐露

    犬の散歩コース変え、運動会も不参加…PTAいじめ経験者が内実を吐露

    AERA

    7/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す