上司も部下も飲み会が苦手? 「幸せな飲み」のコツは会話の“型” (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上司も部下も飲み会が苦手? 「幸せな飲み」のコツは会話の“型”

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣AERA#働き方
ヤッホーブルーイングが開発した「先輩風壱号」はAIが座った人の発言を分析。場の会話に占める発言比率の高さや熱のこもり具合まで計算して先輩風の強さを測定する(撮影/写真部・小山幸佑)

ヤッホーブルーイングが開発した「先輩風壱号」はAIが座った人の発言を分析。場の会話に占める発言比率の高さや熱のこもり具合まで計算して先輩風の強さを測定する(撮影/写真部・小山幸佑)

ヤッホーブルーイングが開発した無礼講ースター。質問を書いたものと「YES/NO」を書いたものがあり、質問に対する親役の答えを、みんなでわいわい予想するゲームだ(撮影/写真部・小山幸佑)

ヤッホーブルーイングが開発した無礼講ースター。質問を書いたものと「YES/NO」を書いたものがあり、質問に対する親役の答えを、みんなでわいわい予想するゲームだ(撮影/写真部・小山幸佑)

セクハラ・パワハラを防ぐ飲み会術五カ条(AERA 2018年12月3日号より)

セクハラ・パワハラを防ぐ飲み会術五カ条(AERA 2018年12月3日号より)

 一方、「若手との飲み会は、すぐにセクハラ・パワハラと言われるので、怖くて参加できない」(50代女性・サービス業)など、管理職の立場からも部下を誘いづらいという声があった。

 せっかくの飲み会が、不幸な場になってしまっている原因はどこにあるのだろうか。

 まずは、精神保健福祉士で、コミュニケーション講座などを主催するダイレクトコミュニケーション代表の川島達史さん(37)に飲み会での会話術を教えてもらった。

「普通、飲み会は会議の延長ではありません。仕事のときとは会話の仕方を変えるべきです。それができないと、あの人の話はつまらないと思われたり、悪くすればパワハラに遭ったと言われたりするかもしれません」

 川島さんによると、コミュニケーションには問題解決を目的としたものと、人間関係の構築を目的としたものの2種類があるという。

「仕事中の会議では問題解決型の会話が中心ですが、プライベートな時間を使った飲み会なら、人間関係構築型がよいでしょう。会議と同じように会話するのはNGです」

 たとえば、「今日遅刻して怒られた」と話す同僚に対して、「どうして遅刻したの?」と返すのは問題解決型。「体調が悪かったの? 大丈夫?」などと返すのが人間関係構築型のコミュニケーションだ。飲み会で必要なのは、情報のやり取りではなく感情のやり取りなのだ。

 飲み会での会話では、質問を重ねるのもよくないという。

「次々に質問を続けてると、相手は詰問されていると感じます」

 質問を重ねているとなんとなくうまく会話が続いているように感じるが、それは質問している側の聞きたいことを聞いているだけ。実は、相手はストレスを感じがちだ。

「関係性づくりは情報集めとは違います。具体的には、質問は1分間に1回以内が目安。相手の答えをしっかり受け止めて、自分の意見や経験も付け足すなど会話を深めてみましょう」

 飲み会はプライベートな話をしやすいが、信頼関係がないのに深い話をするのはセクハラの危険信号だ。

「信頼関係がないのにプライベートを根掘り葉掘り聞いたり、自分のことを話したりするのはセクハラになりやすい。雑談を重視して、少しずつ親密度を高めましょう」

(編集部・川口穣)

AERA 2018年12月3日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい