マキタスポーツ「私が最近この国が変だと思う理由」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マキタスポーツ「私が最近この国が変だと思う理由」

連載「おぢ産おぢ消」

このエントリーをはてなブックマークに追加
マキタスポーツAERA#マキタスポーツ
マキタスポーツ/1970年、山梨県生まれ。俳優、著述家、ミュージシャンなど多彩な顔を持つ。スポーツ用品店だった実家の屋号を芸名に。著書に『すべてのJ-POPはパクリである』『一億総ツッコミ時代』ほか。映画「苦役列車」でブルーリボン賞新人賞受賞。新刊に『越境芸人』(東京ニュース通信社)

マキタスポーツ/1970年、山梨県生まれ。俳優、著述家、ミュージシャンなど多彩な顔を持つ。スポーツ用品店だった実家の屋号を芸名に。著書に『すべてのJ-POPはパクリである』『一億総ツッコミ時代』ほか。映画「苦役列車」でブルーリボン賞新人賞受賞。新刊に『越境芸人』(東京ニュース通信社)

イラスト:大嶋奈都子

イラスト:大嶋奈都子

 最近この国は変だ。皆がバラバラになっていて、私が他所者になれない。全てが在野化したのか、はたまた、小さな「内」が無数に存在し過ぎているのか。そうこうしているうちに、安倍政権があまりに大きい力を持っていたりする。公がとてつもない下品な不正を働く。そして、それを本来在野であるはずの報道機関がツッコミきれない。それどころか、大きな力に抱え込まれていたりする。一方、オンライン上で緩く連帯した無責任な言説たちが、先生のいない教室のように暴れ出す。まともな客観は排除されて、都合の良い主観のみが採用、幼稚な「内」と「内」とが手を繋ぐ。

 スローガンとして「多様化」が尊ばれる世の中だ。しかし誰も、多様化は複雑であり、ストレスだと教えない。甘い言葉で言い包めようとするのか。冷静にジャッジされる前に「簡単」「単純」「わかりやすい」が、脊髄反射の情動となってのさばっていく。

 私は唯一の在野としてこの国にツッコんでいくことにした。この国の「内」と「内」とを越境しながら。

『越境芸人』は、そんなことを綴った本になっている。

 先に言っておこう、「お買い上げありがとうございます」。

※AERA 2018年11月12日号


トップにもどる AERA記事一覧

マキタスポーツ

マキタスポーツ/1970年、山梨県生まれ。俳優、著述家、ミュージシャンなど多彩な顔を持つ。子供4人。スポーツ用品店だった実家の屋号を芸名に。著書に『すべてのJ-POPはパクリである。』ほか。映画「苦役列車」でブルーリボン賞新人賞受賞。近刊に『越境芸人』(東京ニュース通信社)。『決定版 一億総ツッコミ時代』(講談社文庫)発売中。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい