本業よりもキツイ? 人工衛星を趣味で作ったサラリーマンの本気 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本業よりもキツイ? 人工衛星を趣味で作ったサラリーマンの本気

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐島瞬AERA
リーマンサットの名前は、人工衛星を意味する「サット」と「サラリーマン」から。日本のサラリーマンが、本業でなくてもここまでできるんだと言いたかったという。左から、宮本さん、大谷さん、伊藤さん(撮影/ジャーナリスト・桐島瞬)

リーマンサットの名前は、人工衛星を意味する「サット」と「サラリーマン」から。日本のサラリーマンが、本業でなくてもここまでできるんだと言いたかったという。左から、宮本さん、大谷さん、伊藤さん(撮影/ジャーナリスト・桐島瞬)

 趣味だからといって開発に手を抜くことはしなかった。

「遠くから夜行バスで都内のミーティングに参加するメンバーもいますし、遠隔地のメンバーとはスカイプを使って設計を進めたことも。集まる場所がないときには、カラオケボックスを使って終電までやったこともあります」(技術班コンダクターの伊藤州一氏、48)

「締め切りまでの時間が押してしまい、最後は私の町工場にメンバーが集まり、3日ぐらい徹夜して作り上げました。本業よりもキツイとこぼした人もいました」(代表理事の宮本卓氏、40)

 開発費用はどうしたのか。宇宙航空研究開発機構(JAXA)に支払う衛星運搬費が300万円、電子基板や通信設備の購入費、振動、放射線などの試験費用を含んだ製作費に280万円。これらの費用は、メンバーからの寄付やクラウドファンディングで集めた。この中に人件費は含まれていない。スタートアップ企業で同じことをしたら「2億8千万円以上はかかる」(大谷氏)というから、格安で人工衛星を打ち上げたことになる。

 次号機の開発もすでに始まった。目標は衛星の自撮り。伸び縮みするアームの先にカメラを取り付け、地球をバックに写真撮影。そこから最適な画像を伝送するために、AI(人工知能)も取り入れる。

「企業から共同企画でやりませんかという提案も増えてきた。今後は衛星を作るノウハウの公開を含めて、継承できる宇宙開発を続けていきたい」(大谷氏)

(ジャーナリスト・桐島瞬)

AERA 2018年10月29日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい