築地市場の移転は宿命? 時代に翻弄された移転決定の背景

2018/10/05 07:00

 なぜ築地市場の移転先は豊洲だったのか。最初に築地移転の計画が持ち上がったのは高度経済成長真っただ中の1960年代。東京の人口が増大したことと、物流の中心が鉄道から道路に変わり、市場に乗り入れるトラックの動線などが確保できないことが理由だった。しかし、移転構想は大井市場用地(現大田市場)への全面移転案、築地再整備案などの紆余曲折を経て行き詰まる。

あわせて読みたい

  • 石原都政の議事録を入手、徹底検証 キーマンの元副知事が激白

    石原都政の議事録を入手、徹底検証 キーマンの元副知事が激白

    週刊朝日

    1/26

    築地市場の歴史に幕 豊洲に移転で“ブランド力”失墜か

    築地市場の歴史に幕 豊洲に移転で“ブランド力”失墜か

    週刊朝日

    3/4

  • いま築地市場ってどうなっているの? 屋上から全景撮影してみた

    いま築地市場ってどうなっているの? 屋上から全景撮影してみた

    週刊朝日

    8/6

    豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

    豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

    週刊朝日

    11/11

  • 豊洲市場「盛り土」問題で食の「ジャパンクオリティー」が危ない

    豊洲市場「盛り土」問題で食の「ジャパンクオリティー」が危ない

    AERA

    9/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す