40代半ば女性が「いつもの服」が似合わなくなる本当の理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

40代半ば女性が「いつもの服」が似合わなくなる本当の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
石田かおるAERA
甘辛ミックスで“こなれ感”(撮影/写真部・小原雄輝)※服、小物は全て「DUE deux」

甘辛ミックスで“こなれ感”(撮影/写真部・小原雄輝)※服、小物は全て「DUE deux」

 40代半ば頃からだろうか。なんだか今までの服が似合わなくなってきた。それには理由がある。何をどう着こなせばいいのか。

【ギャラリー】“ミドフォー女子”におススメのファッション 着こなしテクを写真で紹介!

 子どもの授業参観の日、女性(50)は「いつもの服」を着て鏡の前に立った。開襟タイプのオフホワイトのワンピース。服のサイズは問題ない。デザインもまだいける。しかし、どうもピタッと来ない。慌ててもうひとつの紺のワンピースに着替えたが、これも合わない。仕方なく、仕事着のスーツにブラウスで学校に向かった。女性は言う。

「PTAにスーツだと浮いてしまいます。かといってジーンズというわけにもいかない。『PTA用の服』を2着購入し毎年着回していたのですが……」

 その後、代わる服を買おうと店をまわるが、50代向けの服はいかにも年配向けで着る気がしない。しかし、それ以外となると20代、30代向けの服ばかりだ。

「いったいどうしたらいいのか。顔や体形が重力に負け始めたのが原因だと思うのですが……」

 40代もまだ前半までならいいのだが、40代半ばを過ぎると、それまで好きで着ていた服や似合っていた服が急に合わなくなる。これがミドルフォーティーの危機、略して“ミドフォー”の危機だ。

「着る服がない」「何を着たらいいのか」。アエラでアンケートを実施したところ約90通の回答があり、多くの悩める声が寄せられた。こうした「着る服がない問題」はなぜ起きるのか。

 大人世代のコーディネートに定評のある、スタイリストの石田純子さんは次のように語る。

「一番の原因は体形の変化です。服のサイズが変わっていなかったとしても、肉のつき方が20代、30代のころとは違います」

 加齢に伴い、背中や肩、腹部などに肉がつく。体形にメリハリがなくなり、肌や髪の衰えも加わり、服とのミスマッチが引き起こされるのだ。

「だからといって、好きな服をあきらめる必要はありません」

 そう石田さんは力をこめる。体形は簡単に変えることはできないが、見た目の印象は服の着こなしによって変えられる。まずは全身鏡で自分の体形を把握することが大事。そのうえで欠点をカバーし、チャームポイントを引き出していけばいいのだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい