やまゆり園事件から2年 入所者の親らが投げかける「事件の本質」とは?

2018/07/19 16:00

 殺傷事件から間もなく2年。現場は再生に向けて動き出しているが、今も被告の障害者差別は続く。障害者が置かれた状況も、変わっていない。二度と悲劇を起こさないために、国や私たちはどうすべきか。

あわせて読みたい

  • 「彼も人の子 心がほどけるかもしれない」 植松被告にやまゆり園の遺族の思いは届くのか

    「彼も人の子 心がほどけるかもしれない」 植松被告にやまゆり園の遺族の思いは届くのか

    AERA

    1/8

    植松被告は優生思想もヘイトクライムも知らなかった やまゆり園事件から2年

    植松被告は優生思想もヘイトクライムも知らなかった やまゆり園事件から2年

    AERA

    7/19

  • 姜尚中「相模原殺傷事件から見えた世界中に張り巡らされた『壁』」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「相模原殺傷事件から見えた世界中に張り巡らされた『壁』」

    AERA

    2/4

    相模原障害者殺人事件 植松聖被告の手記とマンガを出版した編集者が語る“オウム真理教との共通点”

    相模原障害者殺人事件 植松聖被告の手記とマンガを出版した編集者が語る“オウム真理教との共通点”

    dot.

    7/26

  • 相模原・障害者施設19人殺害事件 植松聖容疑者が凶行後、ツイッター投稿するまで

    相模原・障害者施設19人殺害事件 植松聖容疑者が凶行後、ツイッター投稿するまで

    週刊朝日

    8/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す