ジェーン・スー「美男」「愛嬌」「個性的」な父を語る 「それが肉親だった時の“地獄”」

読書

2018/05/24 11:30

 人気コラムニスト・ジェーン・スーさんが『生きるとか死ぬとか父親とか』を上梓。今回選んだテーマは、自身の家族のこと。母の死、父と娘、移ろいゆく東京。描かれるのは、ある家族の肖像だ。

あわせて読みたい

  • 吉田羊「父のことが好きすぎて、母とはちょっと険悪に」 ジェーン・スーは「親ってガチャだから」と持論 対談で家族を語る

    吉田羊「父のことが好きすぎて、母とはちょっと険悪に」 ジェーン・スーは「親ってガチャだから」と持論 対談で家族を語る

    AERA

    5/21

    【マンガ】「娘がいつまでも独り身なんです」母さん、それソーシャルワーカーに相談することではないですよ

    【マンガ】「娘がいつまでも独り身なんです」母さん、それソーシャルワーカーに相談することではないですよ

    dot.

    7/20

  • 「父は必要なカオスだった」もがき苦しんだ家族関係…内田也哉子が明かす

    「父は必要なカオスだった」もがき苦しんだ家族関係…内田也哉子が明かす

    AERA

    10/12

    "リアリズムの名手"が贈る、認知症の父と過ごした10年間

    BOOKSTAND

    8/24

  • デンマークの辺境の農場で支え合う叔父と姪の静かな物語

    デンマークの辺境の農場で支え合う叔父と姪の静かな物語

    AERA

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す