母が不倫相手とダイナマイトで心中…尾野真千子&末井昭が語る異色作 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

母が不倫相手とダイナマイトで心中…尾野真千子&末井昭が語る異色作

このエントリーをはてなブックマークに追加
田茂井治AERA
尾野真千子(おの・まちこ、右):1981年、奈良県生まれ。映画「後妻業の女」(鶴橋康夫監督)、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(廣木隆一監督)などに出演/末井昭(すえい・あきら):1948年、岡山県生まれ。キャバレーの看板描きなどを経て、雑誌編集者として活躍。著書『自殺』は講談社エッセイ賞受賞(photo 篠塚ようこ、スタイリスト 扇野涼子(BRUCKE)、ヘアメイク 新井克英(eat)、衣装協力 ALBINO TEODORO)

尾野真千子(おの・まちこ、右):1981年、奈良県生まれ。映画「後妻業の女」(鶴橋康夫監督)、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(廣木隆一監督)などに出演/末井昭(すえい・あきら):1948年、岡山県生まれ。キャバレーの看板描きなどを経て、雑誌編集者として活躍。著書『自殺』は講談社エッセイ賞受賞(photo 篠塚ようこ、スタイリスト 扇野涼子(BRUCKE)、ヘアメイク 新井克英(eat)、衣装協力 ALBINO TEODORO)

映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」。出演・柄本佑、前田敦子、尾野真千子、菊地成孔ほか。監督・冨永昌敬。現在全国で公開中 (c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」。出演・柄本佑、前田敦子、尾野真千子、菊地成孔ほか。監督・冨永昌敬。現在全国で公開中 (c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

 名物編集者・末井昭の壮絶な半生を描いた映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」。主題歌も担当した2人がスキャンダラスな胸の内を明かした!

【「素敵なダイナマイトスキャンダル」の場面写真はこちら】

*  *  *
──タイトルどおり、非常にスキャンダラスな映画でした。お二人の感想は?

尾野:初めはどんな映画になるのか想像もつかなかったんです。だから、お話をいただいたときは戸惑いました。「こんな際どい描写の多い映画をつくっていいの?」「いや、でも映画だしいいのか?」なんて考えながら気を落ち着けて、「(柄本)佑(末井昭役)が主演なら大丈夫か」ということでもう一段落ち着き、「監督は冨永昌敬さんなのね」っていうところでさらに落ち着き、不安を徐々に落ち着かせていったら、「出たい」と思い始めた。実際、出演してよかったです。まさか、こんなに面白い映画になるとは(笑)。

末井:僕は、母親を演じてくれたのが、一番ビックリしましたよ! 絶対、母親も草葉の陰でビックリしているはずです。

──尾野さん演じるお母さんに面影はありましたか?

末井:全然! あるわけがない(苦笑)。尾野さんのほうが、圧倒的にお美しい。でもね、うちの母親は着飾るのが好きだったんですよ。1955年頃のことかな。僕が育ったのは岡山県の山奥だったんです。みんな農作業するから、女性はモンペ姿。でも、母親は当時「死病」と言われた肺結核を患っていたので、働かないわけ。それまでは町の病院に入院していたから、都会の雰囲気もあって、僕にとって自慢の母親だったんです。病気が進んで、自分が助からないことを知ってたから、お化粧をしたり、派手に着飾って男を誘うようになったのかもしれないけど。尾野さんが綺麗な着物を着て、村の男たちから注目されるシーンを見たときは、その当時の母親のことを思い出しましたね。

──隣家の息子と不倫した末に、ダイナマイトで心中するという役どころでしたが、演じてみていかがでした?

尾野:難しかった。台詞がないのがもどかしかったですね。

末井:でも、尾野さんの表情は印象的でした。子ども(幼少期の末井)を最期に見に来るところとか、すごいよかったです。

尾野:末井さんのお母様の気持ちは計り知れないんですよ。ダイナマイトで心中するなんて、想像もつかない。だから、何も考えずに演じるしかなくて。

末井:僕だって想像できませんよ(笑)。だから人に話しても冗談だと思われることもある。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい