知花くらら 短歌に込めた「激情」とは? 偽善、嫉妬…自分と向き合った

2018/02/17 11:30

 恋愛小説よりも豊かな歌の世界に引き寄せられた知花くららさん。時間を忘れるほど言葉を探した。「歌人の登竜門」とされる賞で佳作に輝く。そして今回、初心者向けの入門書を出版した。短歌の魅力を聞いた。

あわせて読みたい

  • 知花くらら「支援ってなんなんだ」 “国連の短歌”詠み生まれた葛藤

    知花くらら「支援ってなんなんだ」 “国連の短歌”詠み生まれた葛藤

    AERA

    2/17

    “湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

    “湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

    週刊朝日

    1/7

  • 「どうかしている今日の私は」 知花くららと永田先生が選んだ“恋”の短歌

    「どうかしている今日の私は」 知花くららと永田先生が選んだ“恋”の短歌

    週刊朝日

    1/6

    知花くららも納得!「つまらない短歌もよむ」ことの大切さ

    知花くららも納得!「つまらない短歌もよむ」ことの大切さ

    週刊朝日

    12/3

  • 「和する」が決め手! 知花くららが古典和歌と現代短歌の違いを学ぶ

    「和する」が決め手! 知花くららが古典和歌と現代短歌の違いを学ぶ

    週刊朝日

    9/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す