竹内智香「日本人は最後まで努力をし続けることが美学のように考えている」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「日本人は最後まで努力をし続けることが美学のように考えている」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西川結城AERA#平昌五輪#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

スイスにいた時代、ビーチバレーも楽しんだ竹内。「メリハリ」をつけようと他のアクティビティーにも取り組んだ (写真:本人提供)

スイスにいた時代、ビーチバレーも楽しんだ竹内。「メリハリ」をつけようと他のアクティビティーにも取り組んだ (写真:本人提供)

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【写真】ビーチバレーを楽しむ竹内選手はこちら

*  *  *
 平昌五輪のレースまであと約1カ月となりました。いよいよ本番を迎えるにあたり、心身ともにここから緊張感が高まっていく選手も多いかと思います。4年に1回の大舞台。どの競技の選手も各々の心情とともに、いざ戦いの時に備えます。

 私にとっても5度目の五輪。前回のソチ大会では銀メダルを獲得し、残すは韓国の地での金メダル獲得のみです。一方で大事な舞台が控えているものの、私は大会を前にしても普段から過度な緊張はしないタイプです。それは、試合直前の過ごし方にもよく表れていると思います。

 例えば、大事な大会の本番前日はだいたい自由時間にすることにしています。中には翌日に向けて集中力を高めたり、最後まで練習を続けたりする選手もいますが、私個人としてはここに来て急激に技術やスピードが伸びることはない、だからこれまでやってきたことに自信を持って構えるという考えです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい