竹内智香「いかに支えられているか、SNSで発信することも大切に」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「いかに支えられているか、SNSで発信することも大切に」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内智香AERA#竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

いつでも金メダルを意識できるように、指輪の色も金色にしている竹内(写真:本人提供)

いつでも金メダルを意識できるように、指輪の色も金色にしている竹内(写真:本人提供)

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【竹内選手が愛用しているゴールドの指輪はこちら】

*  *  *
 最近はツイッターでつぶやく機会が増えています。以前から登録はしていたんですが、これまでは気まぐれでつぶやいたり、つぶやかなかったり。でもここのところは練習や合宿の様子、自分が素直に感じたことなどを写真とともに載せています。

 先日、来年の平昌五輪で金メダルを獲るという願いを込め、愛用しているゴールドの指輪の写真と言葉をアップしました。アメリカ合宿で指をケガして、その指輪が入らなくなってしまったんですが(笑)。私は日常のふとした瞬間でも金メダルをイメージできるように、そうしたカラーのものを身につけたりしています。またその時のつぶやきでは「言霊」や「魂」、そして「引き寄せる」という言葉を使いました。何を思うにしても、何を語るにしても、強く念ずれば願いを引き寄せられる。こんなところからも常に、私は前向きに考えるようにしています。

 普段から、発信する言葉も大切にしています。ツイッターも含めて、私がSNSで書く内容はすべて日本語ですが、例えばヨーロッパの選手たちがインターネットの翻訳機能を使って読んでくれているみたいなんです。ところが私の日本語は翻訳機では訳しにくいみたいで(笑)、変な訳し方になることも多いようです。それでも、「文面全体の意味は伝わっているよ」なんて言ってくれます。

 私がいま、充実した準備ができていること。どれだけ金メダルに懸ける思いがあるかということ。多くの人たちの協力のもとで、私が成り立っていること。そういう一つひとつを、SNSなどを使って周りに知らせていくことはものすごく大切だと考えています。もちろん、ライバルの選手たちの中にも、きっと読んでいる人たちがいると思います。正直、私が順調にトレーニングをしていることを知って、いろんな思いを巡らせているかもしれません。SNSは、そうした見えないところで人の心を左右するものでもあります。

 大体、文面にはその人の感情が滲み出ていると思うし、私も人のSNSを見て「この人、今すごくいい顔をしているな。強そうだな」とか、いろいろと感じ取ることが大好きですね。たまにそれが当たっていることもあります。

 SNSで人は感情の共有を求めています。自慢する人もいれば、悲しさを明かす人もいる。私はとにかくポジティブな感情をアップしたくなるタイプです。

(構成/西川結城) 

AERA 2017年12月25日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加