分断際立つ米国の政治意識 アンケートで見えた米国民の思いは…

山本大輔AERA
 トランプ氏の米大統領当選から約1年がたった。深刻化が懸念される米国社会の分断。果たして米国民たちは、この状況にどう対応しているのか。複数の米国人の話や世論調査をヒントに、分断の真の原因と背景を探った。

 USA! USA!──。トランプ米大統領の初来日で最初に訪ねた米軍横田基地。格納庫に米兵の歓声が響いた。トランプ氏の集会ではおなじみの光景だが、そんな熱狂に染まらない支持者もいまや少なくない。

「Divided States of America(アメリカ分断国)。そう米国を呼ぶ冗談は以前からあった。それがいま、冗談ではなくなってきたことが、残念でならない」

 米国東海岸ニュージャージー州で暮らすデイビッド・ウォルターズさん(72)は、そう語った。ニューヨーク市クイーンズ区にある公立高校で長年、社会科の教諭として米国政治を教えてきた。「米国は世界最強で最も偉大な国。その象徴が米国大統領だ」というのが口癖だったという。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック