スマホもレンズもいりません! 京都で挑んだ“不便の旅”で見つけた意外なこと

2017/11/15 16:00

 京都大学の川上浩司特定教授が提唱する「不便益」が注目されている。効率ばかりを求めず、手間を惜しまないことで得られる豊かさ。わかるような、わからないような……。ここはひとつ、体感してみればいいのでは。そうだ、京都行こう。

あわせて読みたい

  • そろそろ利便性の追求に限界感じませんか? 素数ものさし開発者が人工知能の研究をやめた理由

    そろそろ利便性の追求に限界感じませんか? 素数ものさし開発者が人工知能の研究をやめた理由

    週刊朝日

    5/5

    「芸術で食べていける仕組みをつくる!」現代美術家・椿昇が力を注ぐ若手アーティストを育てる取り組みとは?

    「芸術で食べていける仕組みをつくる!」現代美術家・椿昇が力を注ぐ若手アーティストを育てる取り組みとは?

    AERA

    11/19

  • 幸せを呼ぶ「不便益」! 介護施設、自動運転での活用例

    幸せを呼ぶ「不便益」! 介護施設、自動運転での活用例

    週刊朝日

    9/17

    私たちにはアマゾン以外も選択肢がある 京都大学特定教授・川上浩司

    私たちにはアマゾン以外も選択肢がある 京都大学特定教授・川上浩司

    AERA

    7/23

  • 大人の教養は「教科書」で身につけよう! 下手なハウツー本よりずっと使える

    大人の教養は「教科書」で身につけよう! 下手なハウツー本よりずっと使える

    AERA

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す