ラトビア美術界の新星が放射線で作品をつくった意図は

2017/11/06 11:30

 放射性物質が崩壊するタイミングは予測できない。このことは私たちの文明を象徴しているが、その不安定性、予測不可能性をサウンドで表現したアーティストがいる。

あわせて読みたい

  • 原発汚染食品本当に知りたいQ&A

    原発汚染食品本当に知りたいQ&A

    週刊朝日

    4/5

    原発事故起こしたスリーマイル島・現地ルポ

    原発事故起こしたスリーマイル島・現地ルポ

    週刊朝日

    6/22

  • 東海村の放射能漏れ「専門家の常識」で通報に遅れ

    東海村の放射能漏れ「専門家の常識」で通報に遅れ

    AERA

    6/7

    主要企業に聞いた放射能汚染「わが社の安全対策」

    主要企業に聞いた放射能汚染「わが社の安全対策」

    週刊朝日

    10/26

  • 「生命とは何か?」 この大きな問いに挑んだ“変わり者”の理論物理学者
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    「生命とは何か?」 この大きな問いに挑んだ“変わり者”の理論物理学者

    AERA

    1/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す