髪を50センチカットしたシシド・カフカ その背景の「変化」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

髪を50センチカットしたシシド・カフカ その背景の「変化」

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史AERA

 ミュージシャンのシシド・カフカがAERAに登場。トレードマークのロングヘアを大胆にカットした彼女が、その背景にあった心の変化を明かした。

*  *  *
 ショートカットにしたのは、小学生のとき以来。今年9月、デビュー5周年を迎え、トレードマークだった黒のロングヘアをバッサリ切った。実に50センチ。

「実はずっと切りたかったんです。髪形の印象も強かったぶん、凝り固まって、そこから動けなくなるのが怖かった」

 クールビューティーなルックスと髪を振り乱す激しいドラミング。相反する魅力がぶつかり合って生まれる「融合」こそが、シシド・カフカの魅力だ。艶やかなロングヘアは、「静」と「動」をつなぐ重要なツールでもあった。

「昔は『ミュージシャンたるもの、こうあらねばならない』という理想が強かった。これは私のイメージと違う、といろいろと決まりを作っていました。でも今は、ドラミングでも、歌い方でも、いい意味で力が抜けてきた。重い髪をばっさり切ろうと思えたのも、その変化のひとつなのかもしれません」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい