AERA dot.

12歳で「量子力学の教科書」執筆 日本の未来を支える若き天才

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村昌二AERA

数え切れないくらいの本に囲まれた、近藤龍一君の自宅の勉強部屋。息抜きは、本を書くと。「人々の役に立つ本を書きたい」(撮影/写真部・小原雄輝)

数え切れないくらいの本に囲まれた、近藤龍一君の自宅の勉強部屋。息抜きは、本を書くと。「人々の役に立つ本を書きたい」(撮影/写真部・小原雄輝)

 今年も異能と天才たちにまばゆい光が当たった。スウェーデン発、ノーベル賞だ。国別受賞数では米国が断トツの345と2位イギリスのざっと3倍。7位のわが国も大したものなのだが、巷では基礎研究の足腰に陰りが見えるともっぱらの噂だ。ところが、灯台もと暗し。探せばいる、いた。21世紀のニッポンを支える天才、異能の面々が。その一人を紹介する。

 物理学の中でもっとも難解な分野の一つとされる量子力学。興味を持ったのは9歳の時だった。

「スティーブン・ホーキング博士など物理学者が書いた本に出合ったのがきっかけです」

 都内の私立高校1年の近藤龍一君(16)。12歳の時に、『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』(ベレ出版)を書き上げた。専門家でも難解な量子力学の本を12歳で書いたのは最年少という。

 無類の本好きだ。幼少期からあらゆる学問分野を読みあさり、例えば世界史のような遠い世界に興味があった。中でも、不可解で現実の常識がまったく通じない量子の分野は、究極の遠い世界だった。

 この不可解なものを理解したい──。10歳で量子力学の独学を始めた。その過程で、入門書と専門書の間に位置する量子力学の本がほとんどないと実感。中学受験の翌日から執筆に取りかかり、夜から朝にかけて4~5時間、220日をかけて一気に原稿用紙400枚以上にまとめた。心掛けたのは、入門書と専門書の「懸け橋」になる本、だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加