稲垣えみ子「高価な服買い見失った自分 店員に人生を救われた」

アフロ画報

稲垣えみ子

2017/10/01 11:30

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

あわせて読みたい

  • 稲垣えみ子「目からウロコだった、新しい洋服との付き合い方」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「目からウロコだった、新しい洋服との付き合い方」

    AERA

    3/5

    稲垣えみ子「人は死んでも思いは継がれる 『ツネコレ』大盛況」

    稲垣えみ子「人は死んでも思いは継がれる 『ツネコレ』大盛況」

    AERA

    5/31

  • 稲垣えみ子「買った家にずっと住み続ければお得? その計画、実現可能?」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「買った家にずっと住み続ければお得? その計画、実現可能?」

    AERA

    5/31

    稲垣えみ子「不要品処分の買取価格で物の価値を計るのは自分を冒涜する行為」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「不要品処分の買取価格で物の価値を計るのは自分を冒涜する行為」

    AERA

    4/5

  • 稲垣えみ子「リヨンに行って分かった、日本のおじさんが孤独なワケ」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「リヨンに行って分かった、日本のおじさんが孤独なワケ」

    AERA

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す