プロボクサー井上尚弥 米ロサンゼルスでの防衛戦で「不安なこと」

伊藤雅哉AERA
 プロボクサー井上尚弥が8月21日売り(8月28日号)AERA表紙に登場した。ボクサーらしからぬきれいな顔。傷痕一つ見当たらない。「打たせないで打つ」を極めると、こんな顔でいられるのか。

「ボクシングは生活の一部。王者になっても大きくは変わらない」

 アマチュア経験のある父・真吾さんの手ほどきを受け、6歳からボクシングを始めた。高校卒業後、父の勧めもあって半年ほど、倉庫で仕分けのアルバイトをした。時給800円。「お金のありがたみが分かったと思う」。いまも練習中心の日々だ。

 プロ13戦で世界のベルトが2本。倒されたことも、血みどろの激闘も経験がない。数年前、テレビ番組の企画で体力測定をすると、

「一般の運動神経がいい人と同じくらいでした」

 それがリングの上では空間を支配し、自分のパンチを一方的に当て続ける。

「自分の感覚をつくりあげてきた。一瞬の判断は、人よりできる」

 3年前、プロ46戦で一度もダウンしたことがなかった名王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦。2ラウンドで4度倒し、世界的評価をつかんだ。

「相手の評価も含めてベストの試合。四つとも違うパンチで倒せたのも良かった」

 試合の動画は世界中に拡散した。

 時代も背中を押した。少し前なら本格的な試合は高校生からだったが、小学生の頃にキッズボクシングが普及。国内にとどまっていた日本の王者の評価は、今はインターネットに乗ってどこまでも届く。本場・米国で不人気だった軽量級も、世界4階級制覇のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の出現で変わった。愛称ロマゴンとの対戦は、ファンが熱望しているカードだ。

「対戦するなら打ち合う覚悟が必要ですし、きれいにはいかない。でも、やってみたいです」

 父がトレーナーで、弟の拓真さんも世界を狙う逸材。友人らと楽しむカラオケの持ち歌は、C&K、AAAから昭和の歌謡曲まで幅広い。

 米ロサンゼルス近郊で9月9日(現地時間)、初の海外試合に挑む。不安は現地での調整と、父が大の飛行機嫌いなことだ。

「これは乗せちゃえば降りられないので」

 いたずらっぽく笑った。(朝日新聞スポーツ部/伊藤雅哉)

AERA 2017年8月28日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック