「上にモノ言えぬ企業風土」 証言者によって異なる東芝の“体質”

企業

2017/04/13 11:30

 沈まぬはずの“電機の巨艦”が1兆円超の巨額損失の渦に飲み込まれようとしている。原因は原発事業の失敗だ。成長期や昭和のニッポンを力強く牽引し、明日は今日より豊かな生活をもたらした名門企業で、一体何が起こったのか。そのとき社員や関係者は何を見て、どう感じたのか。そして何が元凶だったのか。AERA 2017年4月17日号では「苦境の東芝」を大特集。

あわせて読みたい

  • 嘆く東芝従業員 1年で年収200万円減も…

    嘆く東芝従業員 1年で年収200万円減も…

    AERA

    2/21

    「俺たちが稼いだカネで生きていくんでしょ」 現場やOBに聞いた東芝の“混迷”

    「俺たちが稼いだカネで生きていくんでしょ」 現場やOBに聞いた東芝の“混迷”

    AERA

    4/13

  • 「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    AERA

    4/13

    「社長専用に赤じゅうたん」 東芝を支えた人々が感じた“変調”とは?

    「社長専用に赤じゅうたん」 東芝を支えた人々が感じた“変調”とは?

    AERA

    4/13

  • もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    AERA

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す