“ミスターゆとり”寺脇研さん「東大法学部卒ではシン・ゴジラと戦えない」

大学入試

2017/03/24 07:00

 日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。

あわせて読みたい

  • 元文科官僚・寺脇研さん「教育無償化に放送大学の活用を」教育改革に疑問視

    元文科官僚・寺脇研さん「教育無償化に放送大学の活用を」教育改革に疑問視

    AERA

    11/24

    【追悼】立花隆さん「東大=エリートは幻想」「東大卒の肩書に意味はない」本誌で持論展開 

    【追悼】立花隆さん「東大=エリートは幻想」「東大卒の肩書に意味はない」本誌で持論展開 

    週刊朝日

    6/23

  • 羽生結弦、高木美帆、大谷翔平の「ゆとり世代」が黄金世代になった理由

    羽生結弦、高木美帆、大谷翔平の「ゆとり世代」が黄金世代になった理由

    dot.

    2/24

    これからの日本、これからの教育

    これからの日本、これからの教育

    週刊朝日

    4/25

  • <平成大学史 前編>バブルが崩壊しても、大学は拡大路線を突っ走った

    <平成大学史 前編>バブルが崩壊しても、大学は拡大路線を突っ走った

    dot.

    4/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す