電気自動車オーダーメイド時代幕開け「AERAカー」発注してみた

2017/02/28 07:00

 若者の車離れで“自動車王国ニッポン”の座が揺らいでいる。一方で欧米は電気と自動運転にまい進。いまやIT企業や新興勢力の参入も相次ぎ、もうバトルロイヤル状態だ。だが待ってほしい。日本には「技術」だってガラパゴスで元気な市場だってある。AERA 3月6日号「進め!電気自動車」では、そんな熱い人々にフォーカス。なんと、クルマ開発のスペシャリストに協力をお願いして、雑誌「AERA」をコンセプトにした電気自動車まで製作してしまった。いったい、どのようにして、コンセプトカーは出来上がっていくのか、その工程を紹介する。

あわせて読みたい

  • 電気“低速車”がバスなし地方を救う

    電気“低速車”がバスなし地方を救う

    AERA

    3/1

    ガソリンいらずの超小型車 「ちょっと乗り」活用法

    ガソリンいらずの超小型車 「ちょっと乗り」活用法

    週刊朝日

    6/22

  • 古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」

    dot.

    7/10

    初めての純国産完全自動運転車「マイリー」の実力

    初めての純国産完全自動運転車「マイリー」の実力

    AERA

    1/9

  • 元官僚と元トヨタマンが創ったクルマの先にある夢と壁

    元官僚と元トヨタマンが創ったクルマの先にある夢と壁

    ダイヤモンド・オンライン

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す