「カレー食らわば皿まで」? 探検家・関野吉晴ゼミの課題は「自給自足カレー」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「カレー食らわば皿まで」? 探検家・関野吉晴ゼミの課題は「自給自足カレー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA
南米最南端からアフリカまで人力で遡る「グレートジャーニー」の探検家として知られる関野吉晴さん(右)と前田亜紀監督。関野教授の講義は常に超満員の人気という(撮影/岡田晃奈)

南米最南端からアフリカまで人力で遡る「グレートジャーニー」の探検家として知られる関野吉晴さん(右)と前田亜紀監督。関野教授の講義は常に超満員の人気という(撮影/岡田晃奈)

「カレーライスを一から作る」は11月19日からポレポレ東中野ほか全国で順次公開。監督・撮影/前田亜紀 (c)ネツゲン

「カレーライスを一から作る」は11月19日からポレポレ東中野ほか全国で順次公開。監督・撮影/前田亜紀 (c)ネツゲン

「グレートジャーニー」の探検家・関野吉晴が学生と面白いことをやっているらしい──。そう聞いた監督の前田亜紀は、彼らの一年をドキュメンタリー映画にすることに。そこで見たものは……?

 2015年4月。武蔵野美術大学の課外ゼミ、通称「関野ゼミ」の説明会に200人の学生が集まった。関野吉晴が出した課題は「カレーライスを一から作る」

「野菜、米、スパイスも自分たちで作る。もちろん肉も」と説明する関野に、学生から声があがる。「魚介カレーじゃだめですか?」

 なぜ、カレーライスなのか?

「ラーメンでも八宝菜でもなんでもよかったんです。物事の最初はどうなっているのか、それを探ると社会が見える。それを学生たちと探ろうという試みです」と関野は言う。

●一から作り社会が見える

 かつては太古の舟を一から作るために、海岸で砂鉄を集め「たたら製鉄」から行ったこともある。カレーを作るゼミは前年に続いて2回目だ。

 学生たちはまず種を買い、畑を耕す。化学肥料や農薬を使わない無農薬栽培への挑戦だ。成長の遅い野菜を見る1年生の男子からぼやきが出る。「効率が悪すぎる……。化学肥料、使っちゃダメですか」

「最初はおもしろがる学生たちも、実際は続かないんですよね。ちょっとやって『こんなものか』となってしまう。逆に続いてく子はすごいなと思いました」

 監督の前田亜紀はそう一年を振り返る。最後まで参加した学生は30人。実質、作業をしていたのは常時10人に満たなかった。

「いまの学生は10年前と比べて『損得』で考える子がすごく多い。すぐに『何か資格が得られるの?』『就職に有利なの?』って。それでも『別に役に立たなくても、おもしろければやりたい!』という子たちが、最後に残るんですよ」

 と、関野は嬉しそうに言う。化学肥料を使いたいと文句を言っていた彼は、いまや後輩のよき指導係へと成長したそうだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい