AERA dot.

小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

このエントリーをはてなブックマークに追加
青木理AERA#小池百合子

儀仗隊による栄誉礼を受ける小池防衛相(当時)。マダム・スシなど名言を残したが、在任は2カ月/2007年7月4日、防衛省 (c)朝日新聞社

儀仗隊による栄誉礼を受ける小池防衛相(当時)。マダム・スシなど名言を残したが、在任は2カ月/2007年7月4日、防衛省 (c)朝日新聞社

 タカ派的な発言は、駆け引きを有利に進める「カード」なのか。警察組織も掌握することになる小池氏の言動には一層注目が集まる。ジャーナリストの青木理氏に寄稿してもらった。

*  *  *
 私の手元に、特殊な議員名簿がある。大半は衆参両院の自民党議員で占められ、記載数は合計281人。上部には「部外秘」と注意書きも記されている。昨年9月時点で作成された「日本会議国会議員懇談会」の加入議員リストである。

“日本最大の草の根右派組織”などと称される日本会議は、その主張を現実政治に反映させるため、一種の議員連盟である同懇談会を擁している。そういう点で日本会議は単なる市民団体でなく、政治ロビー団体ともいえるのだが、近年は同懇談会の加入議員を一切公表していない。ただ、50音順に並んだ名簿を繰ると、71番目に小池百合子氏の名は確かに刻まれている。

 ならば小池氏は、極度に復古的な日本会議の主張や政策に共鳴し、先頭に立ってその実現を目指しているはずなのだが、ことはそう単純でもない。加入議員の中には自民党でもハト派に分類される議員の名も数多く見受けられるからである。前幹事長の谷垣禎一、現外相の岸田文雄、元郵政相の野田聖子の各氏などは代表格であろう。

 これについて、筋金入りの右派として日本会議の活動にも関わる東京都議の古賀俊昭氏は、拙著『日本会議の正体』の取材時にこう指摘している。

「(日本会議の目標である)自主憲法制定は自民党の党是ですし、決して積極的な参加ではなくても、お賽銭を入れるような感じでおつきあいしておこうという人が多い」

 ましてや“安倍一強”と評される政治状況下、首相に近いとささやかれる組織に媚(こび)を売っておこうと付和雷同的に名を連ねている者もいるに違いない。


トップにもどる AERA記事一覧

   小池百合子 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加