障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

出産と子育て

2016/10/23 07:00

 障害児の看護・介護を、母親が一人で丸抱えしているケースが多い。子どもはほかの子どもたちと一緒に過ごすなかでぐんと成長できる。親も仕事ができ、経済的にも精神的にも安定する。障害児とその親を孤立させず、社会で支える仕組みが必要だ。

あわせて読みたい

  • 「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った

    AERA

    8/24

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    AERA

    1/26

  • 「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと

    AERA

    8/24

    「通学したい!」障害児に立ちはだかる「付き添い」の壁 国が支援しても現場が動かない理由とは?

    「通学したい!」障害児に立ちはだかる「付き添い」の壁 国が支援しても現場が動かない理由とは?

    AERA

    2/6

  • 衆院議員・野田聖子が語る「障害児の息子がくれたもの」

    衆院議員・野田聖子が語る「障害児の息子がくれたもの」

    AERA

    11/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す