ポケモンGO日本上陸、「位置ゲー」会社の野望 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポケモンGO日本上陸、「位置ゲー」会社の野望

このエントリーをはてなブックマークに追加
景山薫AERA#ポケモンGO#企業
ポケモントレーナーは三つのチームに分かれてバトルを繰り広げ、仲間と協力しながら「ジム」を取り合う。イングレスにあった「陣取りゲーム」の要素もある (c)朝日新聞社

ポケモントレーナーは三つのチームに分かれてバトルを繰り広げ、仲間と協力しながら「ジム」を取り合う。イングレスにあった「陣取りゲーム」の要素もある (c)朝日新聞社

道路や公園、建物、駅など街中にポケモンが潜んでいる。スマホ越しに見ると、現実世界のそこにポケモンがいるのだ。「拡張現実」と呼ばれる「AR」技術でこれが可能になった (c)朝日新聞社

道路や公園、建物、駅など街中にポケモンが潜んでいる。スマホ越しに見ると、現実世界のそこにポケモンがいるのだ。「拡張現実」と呼ばれる「AR」技術でこれが可能になった (c)朝日新聞社

 7月22日、ついに日本でも「ポケモンGO」がダウンロードできるようになった。開発したのは米ナイアンティック社。いかにしてヒット作は生まれたのか。

 22日午前、SNSやネットの掲示板では歓喜の声が上がった一方、速度制限でダウンロードできない人も続出し一部で混乱も広がった。

 空前の大ブームとなっているスマホ向けゲーム「ポケモンGO」。米国での一日あたりのアクティブユーザー数はツイッターを抜き、配信された地域では軒並みトップセールスの人気ぶりだ。

 第一生命経済研究所、経済調査部・首席エコノミストの永濱利廣氏が言う。

「米国で『ポケモンGO』のリリースがあった7月6日(日本時間7日)の任天堂の株価は1万4935円でしたが、翌日から急騰し、19日には3万円を突破。アベノミクスになぞらえて、『ポケモノミクス』なんて言葉も誕生しています」

 世界中の人々を魅了するポケモンGOはどんなゲームなのか。

「地球上すべてが舞台。ポケモントレーナーとして、公園や建物、地下鉄の駅など街中に潜むポケモンを探して捕まえたりバトルしたりするゲームです」(永濱氏)

●リアルとゲームの融合

 なぜこれほどまでに世界中の人々を惹きつけるのか?

 答えは「AR(拡張現実)」と話すのは、岩井コスモ証券、投資調査部の川崎朝映氏だ。ARとは、現実の世界にテキストや写真、イラスト、動画などのデジタル情報を重ね合わせ、リアルとデジタルを融合させる技術のこと。

「AR技術を使うことで、スマホのカメラを通して画面を見ると、そこにポケモンが現れる。そのポケモンを、モンスターボールを使って捕まえる。GPS機能を使った『位置情報ゲーム』という既存の要素に加え、“ポケモンの世界観”がまさにリアルに体験できるのです。今、スマホゲームで考えることができるあらゆる技術を総動員した集大成ともいえるゲームです」

 ポケモンGOを開発したのは、「イングレス」という位置情報ゲームを開発した米ナイアンティック社。「イングレス」は、2チームに分かれてリアルな地図上に設定された“ポータル”を取り合うという陣取りゲームで、世界的な人気になった。ダウンロード数は2012年の発表から世界で1500万を超えている。ポケモンGOはこの「イングレス」にARとポケモンという要素を加えて進化させたゲームなのだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい