スター不在で作品力アップ? 韓国ドラマが再び熱い (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スター不在で作品力アップ? 韓国ドラマが再び熱い

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
EXO NEXT DOOR~私のお隣さんはEXO~[ウェブドラマ]DVD 7月27日(水)発売 4300円(税抜き)/発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ (c)LINE Corporation

EXO NEXT DOOR~私のお隣さんはEXO~[ウェブドラマ]
DVD 7月27日(水)発売 4300円(税抜き)/発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ (c)LINE Corporation

あなたを注文します[ウェブドラマ]DVD 9000円(税抜き)/発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ (c)2015 SBS Plus. All Rights Reserved

あなたを注文します[ウェブドラマ]
DVD 9000円(税抜き)/発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ (c)2015 SBS Plus. All Rights Reserved

 最近地上波であまり見ないが、韓国ドラマは下火になったのか。実はジャンルを拡大しながら進化中だ。王道だった「シンデレラストーリー」や「出生の秘密」が消えつつある理由とは。

 ツンデレな財閥の御曹司に胸をときめかせ、出生の秘密に衝撃を受ける──。

 微笑みの貴公子ことペ・ヨンジュンの「冬のソナタ」がNHK・BS2で放送されたのは2003年のこと。以来、チャン・グンソク主演の「美男<イケメン>ですね」(10年放送)など数度のうねりを経て、多くの女性のハートをわしづかみにしてきた韓国ドラマ。

 DVDレンタル最大手のTSUTAYAでの韓国ドラマの売り上げは、17%。洋画と邦画に並ぶ3強ジャンルだ。

 ところが最近、ドラマのトレンドに異変が起きている。

●サスペンスも増加

「山田太一脚本の『ふぞろいの林檎たち』以来の群像劇の傑作」

 フジテレビジョン編成企画担当の渡辺恒也さんは、スタッフに薦められて見た韓国ドラマ「ミセン-未生-」(14年)をこう評す。

「韓国ドラマといえば、愛憎劇や記憶喪失など非現実的なことが起きるイメージだったが、いい意味で裏切られた」

 非正規職の主人公が、格差社会の象徴のような大手総合商社で挫折を経ながら成長していく物語。不器用だけどひたむきな上司や男社会で奮闘する女性の同期など、様々な人間模様も淡々と描く。

「一見地味な内容だけど、当事者にとっては人生がかかっている出来事。身近にいそうな人々の感情を丁寧にすくっている。日本では最近そういうドラマがないので、逆に新鮮だった」(渡辺さん)

 かくして、「ミセン」のリメイク版、中島裕翔主演「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(7月からフジテレビ系列で放送)が誕生した。

 03年から雑誌「もっと知りたい!韓国TVドラマ」の編集長を務める丸山幸子さんは、「ここ2、3年のトレンドは、職業ドラマや骨太のサスペンス」と言う。地に足が着いたヒューマンドラマも増えている。

 背景には何があるのか。

 多くの韓国ドラマを日本で配給するエスピーオーの森丘直子さんは言う。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい