建物の地震被害 要因のひとつは「弱点の南側の壁に横揺れ」か 熊本大地震 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

建物の地震被害 要因のひとつは「弱点の南側の壁に横揺れ」か 熊本大地震

このエントリーをはてなブックマークに追加
住居を決める最重要ポイントは…(※イメージ)

住居を決める最重要ポイントは…(※イメージ)

 今回の九州・熊本大地震で、被害を受けた建築物から見えてくることがあるという。古賀一八・福岡大学工学部建築学科教授は地震の揺れの方向などに注目し、次のように話す。

* * *
 九州・熊本大地震では、東西方向に近い横揺れが起きたことで、被害が拡大した。

 今回地震を起こした断層は、北を時計の12時とすると1時と7時を結ぶ方向に走っており、これが両側に開く方向に動いた。つまり、大きな揺れは4時と10時を結ぶ方向に起きたことになる。一般的に、南側には窓や縁側など開口部が多く、壁と平行方向の横揺れに弱い。6時の方向に当たる南側の壁は、今回、大きく横揺れしたはずだ。これは、周辺の墓石や灯籠が倒れた方向を見れば明らかだ。

 もう一つの特徴は、被災地域の多くの建造物から、住民らが「地震は来ない」と思い込んでいた形跡が読み取れること。例えばブロック塀に設置が義務づけられている地震対策の「控え壁」が付いていないケースが多かった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい