注目ワード

築地市場   佳子さま   米大統領選   北朝鮮   がん

200gで1千万円以上!「家畜を殺さない」肉 火星進出のため研究

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/1/16 16:00)

Shojinmeat Projectの代表、羽生雄毅さん。コストと技術面の課題をクリアし、実用化を目指す。出資者も募集中(撮影/岡本俊浩)

Shojinmeat Projectの代表、羽生雄毅さん。コストと技術面の課題をクリアし、実用化を目指す。出資者も募集中(撮影/岡本俊浩)

 限りある地球資源の枯渇は、古くて新しい問題だ。あまり注目されなかった切り口で、挑む科学者がいる。

 試験管の中で、たらこの一粒ほどの物質が揺れている。

「これです。この小さな粒がマウスの筋肉細胞ですよ」

 インテグリカルチャー代表取締役の羽生雄毅さん(30)は誇らしげだ。

 昨年着手した「Shojinmeat Project」は、牛の筋幹細胞をもとに培養を重ね、食用の牛肉をつくろうという計画である。

「小さな粒を、大量につくって練り固めると、赤身のミンチができあがる」

 理論的にはそうだろうが、いったい何粒あれば1食分の肉になるのか……羽生さんも、食卓に届けるために二つの高いハードルがあることを認める。

「コストと味です。前者に関して言うと、200グラムのミンチをつくるためには、1千万円以上かかってしまうんです」

 こんな値段でハンバーガーをつくっても採算性はない。それでも、将来の食糧危機に備えるため、人類が火星に進出したときのため、研究を始めた。

 次は味だ。培養した細胞は筋肉そのもので、味は淡泊極まりない。コクを出すためには脂肪を、食感を出すためには筋繊維も培養し、ホンモノばりに再現しないといけない。

 さらには、「試験管でつくった肉」に対する、感情面・倫理面から来る嫌悪もあるだろう。 とはいえ、未来の食糧事情が今と同じである保証はどこにもない。まず、かつて新興国と呼ばれた国の経済成長に伴って、食肉の需要は増え続けている。

AERA 2016年1月11日号より抜粋

トップにもどる AERA記事一覧


【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアでdot.をフォロー