過剰反応?“自主規制”する書店 一方で「闘う書店」も (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

過剰反応?“自主規制”する書店 一方で「闘う書店」も

AERA
平和や憲法の本を集めた農文協・農業書センター。荒井操店長は「平和じゃないと農業はできません」(撮影/編集部・深澤友紀)

平和や憲法の本を集めた農文協・農業書センター。荒井操店長は「平和じゃないと農業はできません」(撮影/編集部・深澤友紀)

 同じ大阪市内にあるジュンク堂書店難波店は、2014年12月と15年5月に反ヘイト本のコーナーを設けたとき、「韓国や中国の肩を持つのか」といった抗議の電話がかかってきたが、一件一件丁寧に説明し、コーナーは常設にした。福嶋聡店長は言う。

「苦情は『見てくれている』ということだし、反対の意見を聞ける貴重な機会。書店は意見の交戦の場であって、あらゆる意見を排除しないという民主主義を体現している場所です」

 東京・神保町にある農文協・農業書センターは、農業書の専門店でありながら、平和や沖縄の基地問題、民主主義をテーマにした書籍を多く扱う。ネットでは批判的な書き込みもあるが来店や電話での抗議は今のところない。書店員の谷藤律子さんは言う。

「最近は何も起きないうちから自主規制するケースが多い。私が闘っているのは『自粛ムード』だなと思います」

AERA  2015年12月28日―2016年1月4日合併号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい