小学生が自由研究で特許取得 「ありそうでなかった」そのアイディアとは

2015/12/19 07:00

 答えのない試行錯誤を、面白がって続けられるのが明日香さんの強みだ。それを邪魔せず、むしろ壁にぶち当たったときに手を差し伸べる存在も必要になる。明日香さんの場合、伴走者は父だった。

 例えば、ゴミ箱を作っていく過程で一つの問題があった。投入された缶は、磁石に反応するかどうかでスチールとアルミに分類されるが、実際に缶を投入すると、スチール缶が磁石にくっついたままで落ちない。それに悩んでいた。

 明日香さんが定規の先に磁石をつけ、スチール缶をくっつけて遊んでいたとき、ある缶がぴょんと曲がって落ちたことに父が注目。ここにヒントがあるかも、と提案した。

 磁石のそばに弁のようなものをつけてはどうか、その弁は何センチが適当か……。次の実験が始まった。他の宿題をしながらも、さまざまな実験にチャレンジすること約1カ月。夏休みの最後の週にやっと、作品が完成した。

「おじいちゃんに見せると、『スゴイね、よくやったね』と褒めてくれました」

AERA  2015年12月14日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 1日でもできる!プロが教える自由研究のヒント

    1日でもできる!プロが教える自由研究のヒント

    AERA

    8/14

    ダイエットの救世主 サバ缶vs.イワシ缶 内臓脂肪を落としたい人が選ぶべきは…

    ダイエットの救世主 サバ缶vs.イワシ缶 内臓脂肪を落としたい人が選ぶべきは…

    AERA

    7/8

  • ライブ会場を飛ぶ“撮影ヘリ”が缶ビールで撃ち落とされる!?

    ライブ会場を飛ぶ“撮影ヘリ”が缶ビールで撃ち落とされる!?

    Billboard JAPAN

    8/15

    最近の子供達は「缶切り」を使えない!?実際に試してみた!

    最近の子供達は「缶切り」を使えない!?実際に試してみた!

    tenki.jp

    9/5

  • 「希望の缶詰」から10年、牛たん缶も開発 おいしさ追求した木の屋石巻水産の現在地 #あれから私は

    「希望の缶詰」から10年、牛たん缶も開発 おいしさ追求した木の屋石巻水産の現在地 #あれから私は

    AERA

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す