【ニッポンの課長】キリンビール「味と機能。二兎を追え」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】キリンビール「味と機能。二兎を追え」

このエントリーをはてなブックマークに追加

キリンビール「味と機能。二兎を追え」キリンビール マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当機能系グループブランドマネージャー 中川紅子(42)撮影/写真部・東川哲也

キリンビール
「味と機能。二兎を追え」

キリンビール マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当機能系グループ
ブランドマネージャー 中川紅子(42)
撮影/写真部・東川哲也

 アエラにて好評連載中の「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回はキリンビールの「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■キリンビール マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当機能系グループ ブランドマネージャー 中川紅子(42)

 発泡酒市場で昨年9月に始まった競争は、その激しさから業界でこう呼ばれている。

「ゼロゼロ戦争」

 痛風の原因とされるプリン体の「0」と、糖質の「0」を達成した商品を、大手各社が相次いで投入したのだ。戦いは今年に入ってさらに激しさを増し、「機能系」市場は拡大の一途。キリンビールの中川紅子は、この最前線に立っている。

 大学卒業後、キリングループの機能性食品会社に入り、主にマーケティング部で働いた。会社の解散に伴って、いったん外資系製薬会社に勤めたが、新商品の企画にチャレンジしたいと、2012年にキリンに戻ってきた。

 機能系グループの「課長」には、この1月になったばかり。3月、ゼロゼロ戦争をリードしてきた「淡麗プラチナダブル」のリニューアルを担当。6月には、ノンアルコール・ビールテイスト飲料「パーフェクトフリー」も市場に投入する。極限まで行ったかに見えるこの市場で、中川がグラスの向こうに見すえるのは、「原点回帰」だ。

「発泡酒でも新ジャンル(第3のビール)でも、求められるのは『ビールとしてのおいしさ』。単に健康にいいだけでは満足してもらえません。いよいよ、そういうステージに入ってきたのです」

 ひとくちに「おいしさ」と言っても、実現するのは容易ではない。

「色、泡、のどごし、キレ、苦み。ビールで人がおいしいと感じる点はいくつかあるんですが、プリン体や糖質をカットすると、その分、旨みは減る。それをどう補うかが大事」

 新商品を一つ開発するために、数十回の試作を繰り返す。酵母は? ホップの種類や配合は? 開発チームと知恵をしぼり、ラベルにもこだわる。

 もはや機能系が「ビールの代わり」である時代は過ぎた。おいしくて、機能的。そんな二兎を追う。(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(編集部・岡本俊浩)

AERA 2015年6月1日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい