【ニッポンの課長】ティア「最期のコンシェルジュ」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】ティア「最期のコンシェルジュ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ティア「最期のコンシェルジュ」ティアティア越谷支配人 藤井敬介(40)撮影/写真部・東川哲也

ティア
「最期のコンシェルジュ」

ティア
ティア越谷支配人 藤井敬介(40)
撮影/写真部・東川哲也

 アエラにて好評連載中の「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回はティアの「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■ティア ティア越谷支配人 藤井敬介(40)

 葬儀社「ティア」(本社・名古屋市)の支配人、藤井敬介は、高校のころからロック好き。自分の葬儀をやるとしたら? 取材のために演出した自らの生前葬の祭壇には、飾り花でギターをかたどった。遺影のポーズは、デヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」にオマージュを捧げたものだ。祭壇を眺めて数秒。藤井は晴れやかな顔で、こうつぶやいた。

「こんな最期だったら、最高ですね」

 いまどきの家族のあり方は、多様だ。葬儀に人を呼ぶのか、家族だけなのか。どのぐらいお金をかけるのか。一様ではない。だからティアは、葬儀にかかるモノやサービスを選択できるようにした。

 わかりにくい葬儀の費用も透明化。「中身を『見える化』した葬儀」(藤井)によって業績を伸ばし、2014年9月期の売上高は95億円に達した。運営する葬儀会館は、東海地方を中心に全国で70を超え、東証1部への上場も果たした。

 藤井は中京大学法学部を卒業後、アパレル会社、保険会社を経て、30歳でティアに転職した。

 打ち合わせのため、遺族の家をたずねると、「故人の人生が見える」という。釣り好きなら大きな魚拓、バイク好きの故人ならバイクやウェアが、主なきまま置かれている。人生の最期、好きなモノに囲まれて旅立つのもいい。藤井は、遺族にこう提案をするのだ。

「飾ってあげたらいかがでしょうか?」

 人の死は明るく受け止められるものではないが、葬儀が必ずしも沈痛でなければならないという理由もない。自身の仕事について、藤井はこう思っている。

「人の最期を彩るコンシェルジュ」

 葬儀が終わった後、目を赤くした遺族から「ありがとう」と言われ、実感する。

「こんな仕事にはめったに出会えるものではない」(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(編集部・岡本俊浩)

AERA 2015年5月4日―11日合併増大号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい