記者も唖然「記事を書く人工知能」が登場 腕前は 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

記者も唖然「記事を書く人工知能」が登場 腕前は

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
ウェブサイトに出てきて、保険商品などわかりにくい情報をナビゲートしながら、選択をサポートしてくれるインテリジェント・バーチャル・エージェント(コードベイビーのサイトから)(撮影/写真部・長谷川唯)

ウェブサイトに出てきて、保険商品などわかりにくい情報をナビゲートしながら、選択をサポートしてくれるインテリジェント・バーチャル・エージェント(コードベイビーのサイトから)(撮影/写真部・長谷川唯)

 米国では今、AIが活躍する場が増えている。たとえば、音声を認識して、スマートフォンに問いかければ答えてくれるアップルの「Siri」、グーグルの「OKグーグル」、マイクロソフトの「コルタナ」などがある。アマゾンは家庭内に置く円柱形のデバイス「アマゾン・エコー」を発売。話しかけると音楽を流したり、買い物リストを作ったりしてくれる。

 こうした「インテリジェント・バーチャル・エージェント(IVA)」は、もう当たり前になった感もあるが、人間が時間をかけて習得するような技能の領域にもAIが進出し始めた。

 カスタマーサービスは、AIが最も狙っている職場だ。大切な顧客を相手にするのだから、経験を積んだ人間でなければ務まらないと思いがちだが、やり取りのほとんどは定型的で、AIは必要な知識を学習して顧客に接する。

 サービス会社「コードベイビー」は、保険会社などにユーザーに合ったキャラクターのIVAを提供。ユーザーのデータを照合し、情緒豊かな話しぶりでユーザーの問題を解決したり、商品の決定を誘導したりする。

 ジャーナリストたちを唖然とさせたのは、記事を書くAIの登場だ。「ナラティブ・サイエンス」は、数字の多い金融やスポーツのニュースを自動的に作成するAIを開発した。単なる数字の羅列ではなく、野球ならば<2点をリードされて9回を迎えたエンゼルスには、暗雲が垂れ込めていただろう>といった書き出しで始まる。冷たい分析だけでなく、ちょっとした人情味のある書きぶりも得意のようだ。

AERA  2015年6月15日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい