中国語ブーム終焉の影 一方でスペイン語人気の理由は

中国

2014/06/13 16:00

 日本の大学の第二外国語の選択はこの10年、中国語優勢の時代が続いた。フランス語やドイツ語の人気は凋落。「将来性を考えれば中国語を学んでおいて損はない」が、日本社会の共通認識だった。

あわせて読みたい

  • 1000超の選択科目で「愛」をも学ぶ 早稲田・文構が人気なワケ

    1000超の選択科目で「愛」をも学ぶ 早稲田・文構が人気なワケ

    週刊朝日

    4/4

    12歳でサマンサタバサとデザイナー契約した女の子 7カ国語を習得したコツは? 

    12歳でサマンサタバサとデザイナー契約した女の子 7カ国語を習得したコツは? 

    dot.

    8/12

  • 金融、国際、社会学…就職名門女子大は「即戦力養成」で不況に勝つ

    金融、国際、社会学…就職名門女子大は「即戦力養成」で不況に勝つ

    AERA

    11/26

    “慶應蹴り”武蔵大に進学も 学生を魅了する「国際教育」最前線

    “慶應蹴り”武蔵大に進学も 学生を魅了する「国際教育」最前線

    AERA

    4/20

  • 早稲田大も上智大の「TEAP」導入 今年はどうなった英語外部試験 

    早稲田大も上智大の「TEAP」導入 今年はどうなった英語外部試験 

    AERA

    3/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す