震災翌日に結婚式 被災地に嫁いだ理由とは

原発

2013/10/22 16:00

 今も、被災地の農業や漁業など第1次産業に携わる関係者は、原発事故の放射能による「風評被害」に苦しめられている。とりわけ福島県の風評被害は、深刻だ。そんな中、稲福由梨さん(28)は農家民宿の夢を追い、福島県中通り中部にある田村市滝根町に移住を決意した。

あわせて読みたい

  • 無収入で過酷 増えない若き新規就農者の雇用を支援

    無収入で過酷 増えない若き新規就農者の雇用を支援

    週刊朝日

    8/17

    柳葉敏郎 17年ぶりにアツい歌声を披露! 秋田のPR動画テーマソング担当に“喜びと誇り”

    柳葉敏郎 17年ぶりにアツい歌声を披露! 秋田のPR動画テーマソング担当に“喜びと誇り”

    Billboard JAPAN

    3/23

  • 「半農半X」が日本の農業強化の“切り札”に コロナ下の地方志向も追い風

    「半農半X」が日本の農業強化の“切り札”に コロナ下の地方志向も追い風

    AERA

    12/29

    移住者に人気のニセコ 農業や温泉で新たな試み

    移住者に人気のニセコ 農業や温泉で新たな試み

    AERA

    8/15

  • 「絆」の文字 福島県民にとっては断ち切られてしまった

    「絆」の文字 福島県民にとっては断ち切られてしまった

    2/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す