JAL再生を支えた「費用の門番」 その手腕

2013/05/25 07:00

 京セラの稲盛和夫氏(81)の手腕により、再生を果たしたJAL。社員の意識を変えた方法のひとつが、京セラ仕込みのアメーバ経営だ。大組織を独立採算で運営する小集団に分け、リーダーを任命し、共同経営のような形で会社を動かしていく。JALには組織図上の部・課ごとに約1千のアメーバがつくられた。

あわせて読みたい

  • JAL再建を助けた40もの標語「渦の中心に…」

    JAL再建を助けた40もの標語「渦の中心に…」

    AERA

    1/19

    JAL再生の陰で 社員への辛辣な出迎え

    JAL再生の陰で 社員への辛辣な出迎え

    AERA

    5/21

  • 元金融庁幹部が地銀の副頭取に就任!異例人事にざわつく銀行業界

    元金融庁幹部が地銀の副頭取に就任!異例人事にざわつく銀行業界

    ダイヤモンド・オンライン

    3/25

    ダメ会社だったスカイマークが定時運航でJAL、ANA抑えトップになった理由
    筆者の顔写真

    安井孝之

    ダメ会社だったスカイマークが定時運航でJAL、ANA抑えトップになった理由

    dot.

    8/2

  • IHI女性初の執行役員「ワーク・ライフ・バランスなんて人生全体で取ればいい」

    IHI女性初の執行役員「ワーク・ライフ・バランスなんて人生全体で取ればいい」

    週刊朝日

    11/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す