探し物は10秒で諦める 「片づけない」で仕事力アップ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

探し物は10秒で諦める 「片づけない」で仕事力アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#仕事
葉玉さんの「ところてん型」デスク(撮影/高井正彦)

葉玉さんの「ところてん型」デスク(撮影/高井正彦)

弁護士・葉玉匡美さん(47)1965年生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。法務省民事局付検事、東京地検特捜部検事などを経て、2007年からTMI総合法律事務所パートナー。上智大学法科大学院教授(撮影/高井正彦)

弁護士・葉玉匡美さん(47)
1965年生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。法務省民事局付検事、東京地検特捜部検事などを経て、2007年からTMI総合法律事務所パートナー。上智大学法科大学院教授(撮影/高井正彦)

 本屋に行けば、片づけ指南本が並んでいる昨今。でも、ご安心を。世の中には机は汚いけど仕事ができる人もいるのだ。

 机の上に書類の山をいくつも築いているのは、元東京地検特捜部検事で弁護士の葉玉匡美さん(47)だ。常時、15~20の案件の資料が積み上がっている。

 葉玉さんのやり方はこうだ。まず自分の目の前30センチを作業スペースとして確保し、書類はその周囲、手の届く半径50センチ以内に積み重ねていく。ただし、高くなりすぎると崩れてしまう。そのときは、

「上から3センチ分を取り、残りの資料は遠くに押し出します」

 押し出された資料は?

「机の上から落ちそうになったら捨てます。継続的に使わなくなった資料が後で必要になることは、ほとんどありません」

 もちろん、裁判の証拠のような重要な資料は別に保管している。資料の山が押し出されていくこの方法は「ところてん型」とでもいうべきか。

「分類、整理するのは時間の無駄。手の届く範囲に必要な資料があるほうが仕事の速度も上がる。検察、弁護士時代を通して、他の誰より仕事は速い自信があります」

 時間のロスが嫌だから片づけないのは、世の整理本と同じ理屈だ。かたづけ士の小松易さんも著書『仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか』の中で、1日10分の探し物は1年間で44時間もロスすると指摘している。葉玉さんはさらに「探す時間はもちろん、片づける時間さえもったいない」と言う。

 整頓していないために探すのも、分類したファイルを探すのも、どちらもロスなのだ。 資料が見つからないときはどうするのか。葉玉さんは、「10秒探して見つからなければあきらめます。どうしても必要なら、再度もらうか、同僚に頼めばいい。過去の資料で、それがなければ絶対に仕事ができないというものはありません」

AERA 2013年2月18日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい