「スルー」される東電社員の妻 それが「かえって辛い」

2012/10/07 07:00

 東京電力の北関東の支店に勤務する40代前半のBさんは、社内では不動産の取得や管理といった用地関係を一筋に担当してきた。主な仕事に、借地の契約更新がある。たとえば一本一本の電信柱。私有地ならば、3年ごとに借地料の契約書を更新する。原発事故後、この作業が滞るケースが出ている。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「森友学園の“特例的な内容”の原点は大阪府だった」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「森友学園の“特例的な内容”の原点は大阪府だった」

    dot.

    3/19

    広瀬隆「東電の傲慢さを集団訴訟で裁く時」

    広瀬隆「東電の傲慢さを集団訴訟で裁く時」

    週刊朝日

    10/26

  • 転落した東電社員 次になりたいのは「水道代の集金人」

    転落した東電社員 次になりたいのは「水道代の集金人」

    AERA

    10/6

    全国の原発コストは約13兆円 “原子力のコスト高”が浮き彫りに

    全国の原発コストは約13兆円 “原子力のコスト高”が浮き彫りに

    週刊朝日

    3/8

  • 敷金は原則返還 “民法大改正”で注意すべき不動産契約のルール

    敷金は原則返還 “民法大改正”で注意すべき不動産契約のルール

    週刊朝日

    3/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す