「カレーパンは丼である」!日本独自のパン文化はこうして生まれた

2017/03/28 08:00

 「朝ごはん」と言ってトーストを焼いたり、「昼ごはん」と言いながらハンバーガーを食べるなど、ごはん=パンという人が増えて久しいように思います。しかし元来、コメ食だった日本人がなぜこれほどまでにパン好きになったのでしょう? この謎に迫り、パン食の始まりから現在に至るパンブームの礎となったパンの歴史を紐といたのが、作家・生活史研究家である阿古真理氏の『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』です。

あわせて読みたい

  • 幕末から現代まで、日本のパンの歴史ってどうなってる?

    幕末から現代まで、日本のパンの歴史ってどうなってる?

    BOOKSTAND

    10/26

    ちくわパン、ようかんパン、豆パン。北海道のご当地パン

    ちくわパン、ようかんパン、豆パン。北海道のご当地パン

    tenki.jp

    4/11

  • 4月12日は「パンの日」! 日本独自の進化を遂げた「パン文化」をひも解く

    4月12日は「パンの日」! 日本独自の進化を遂げた「パン文化」をひも解く

    tenki.jp

    4/12

    世界中のパンが食べられる日本!あなたは何パンがお好きですか?

    世界中のパンが食べられる日本!あなたは何パンがお好きですか?

    tenki.jp

    4/12

  • 「豆パン」があるのは、北海道だけですか? 70年前から存在する、甘納豆を練りこんだ菓子パン

    「豆パン」があるのは、北海道だけですか? 70年前から存在する、甘納豆を練りこんだ菓子パン

    tenki.jp

    10/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す