【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の"その後"を描いた力作

2017/03/13 12:00

 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2017」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、塩田武士著『罪の声』です。

あわせて読みたい

  • 小栗旬・星野源と原作者・塩田武士が語る 『罪の声』映画化という「覚悟のいるチャレンジ」

    小栗旬・星野源と原作者・塩田武士が語る 『罪の声』映画化という「覚悟のいるチャレンジ」

    AERA

    10/29

    罪の声

    罪の声

    週刊朝日

    9/15

  • 日本犯罪史に残る企業脅迫事件! 関係者や被害者への緻密な取材から全貌を解き明かす

    日本犯罪史に残る企業脅迫事件! 関係者や被害者への緻密な取材から全貌を解き明かす

    BOOKSTAND

    5/10

    「キツネ目の男」宮崎学氏死去で思い出す 後輩記者の「やっぱりやったんですか?」に「アホいえ!」

    「キツネ目の男」宮崎学氏死去で思い出す 後輩記者の「やっぱりやったんですか?」に「アホいえ!」

    dot.

    4/6

  • 【「本屋大賞2018」候補作紹介】『騙し絵の牙』――主人公はあの人気俳優がモデル 

    【「本屋大賞2018」候補作紹介】『騙し絵の牙』――主人公はあの人気俳優がモデル "編集者とは何か"を描いた社会派小説

    BOOKSTAND

    3/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す