医師・日野原重明と5人の美の巨匠の対談から見えてくるもの

2015/10/30 07:30

 1911年生まれ、100歳を超えた現在も活躍し続けている医師・日野原重明さんが、同じく長寿な日本を代表する美術家たち――篠田桃紅さん・堀文子さん・入江一子さん・後藤純男さん・高山辰雄さん――と対談を繰り広げる本書『一〇〇歳が聞く一〇〇歳の話』。

あわせて読みたい

  • 画家・入江一子102歳が「おばあちゃんって呼ばないで」という理由

    画家・入江一子102歳が「おばあちゃんって呼ばないで」という理由

    週刊朝日

    10/8

    日野原重明さんの訃報に「泣きすぎて」宮城まり子の手紙

    日野原重明さんの訃報に「泣きすぎて」宮城まり子の手紙

    週刊朝日

    12/14

  • 「若い人のできることは何でもやろうと」日野原重明90歳のときの言葉

    「若い人のできることは何でもやろうと」日野原重明90歳のときの言葉

    週刊朝日

    5/19

    103歳の美術家が語る、「100歳を過ぎて生きること」とは

    103歳の美術家が語る、「100歳を過ぎて生きること」とは

    BOOKSTAND

    5/9

  • 追悼・日野原重明さん 「今」を生きた“超遅咲きカリスマ”の105年

    追悼・日野原重明さん 「今」を生きた“超遅咲きカリスマ”の105年

    AERA

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す