ヤングケアラーたちの心の叫び。社会から「見えない」子供たちに光をあてる

読書

2022/10/04 11:30

 女優・作家の中江有里さんが評する『今週の一冊』。今回は『キッズ・アー・オールライト』(丸山正樹、朝日新聞出版 1760円・税込み)です。

あわせて読みたい

  •  「誰も書いていないことを書きたい」 声なき子供たちを描いた小説『キッズ・アー・オールライト』

    「誰も書いていないことを書きたい」 声なき子供たちを描いた小説『キッズ・アー・オールライト』

    dot.

    9/7

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    dot.

    8/1

  • ヤングケアラー、中学生でケアを理由に進学を諦める場合も 早期発見と支援の重要性

    ヤングケアラー、中学生でケアを理由に進学を諦める場合も 早期発見と支援の重要性

    AERA

    9/16

    9月号大阪大学人間科学研究科教授 村上靖彦 Murakami Yasuhiko「なんで私、こんな苦しいんやろう」――ヤングケアラーの語りから見えるもの

    9月号大阪大学人間科学研究科教授 村上靖彦 Murakami Yasuhiko「なんで私、こんな苦しいんやろう」――ヤングケアラーの語りから見えるもの

    9/2

  • かつて夢と希望の地だった「団地」はいまや高齢者と外国人労働者ばかりに…!?

    かつて夢と希望の地だった「団地」はいまや高齢者と外国人労働者ばかりに…!?

    BOOKSTAND

    7/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す