64歳で弁護士になった元新聞記者 60代での就活、30カ所で「門前払い」

2022/05/19 11:00

 昨年1月に4度目の挑戦で司法試験に合格した元朝日新聞記者の上治信悟さん(64)が今春、弁護士になった。50代で法律の勉強を始め、9年かかって難関試験をパスした上治さんを待っていたのは、厳しい就職活動と知力と体力を振り絞る「卒業試験」だった。昨年7月9日号で紹介した司法試験合格記に続き、新人弁護士として踏み出すまでの歩みをつづってもらった。

あわせて読みたい

  • 「サラリーマン人生見えた」50代から奮起 63歳元新聞記者の司法試験合格記

    「サラリーマン人生見えた」50代から奮起 63歳元新聞記者の司法試験合格記

    週刊朝日

    7/3

    小室圭さんの不合格 NY州弁護士が解説「事務職雇用を続け、次の試験を待つかは事務所次第」

    小室圭さんの不合格 NY州弁護士が解説「事務職雇用を続け、次の試験を待つかは事務所次第」

    dot.

    10/31

  • 6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由

    6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由

    dot.

    9/19

    小室圭さん不合格「2月の再試験は合格率低く、難易度高い」NY州弁護士が語る自らの受験

    小室圭さん不合格「2月の再試験は合格率低く、難易度高い」NY州弁護士が語る自らの受験

    dot.

    11/3

  • 小室圭さん米NY州弁護士試験合格発表で名前なし 「追加合格」「再採点の申し立て」で逆転合格のチャンスも?

    小室圭さん米NY州弁護士試験合格発表で名前なし 「追加合格」「再採点の申し立て」で逆転合格のチャンスも?

    dot.

    10/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す