映画界の“アラ卒”ワイズマンとイーストウッド 「人生100年時代」元気の源は?

2022/01/17 11:30

 日本では「人生100年時代」といわれているが、海外ではどうか? 90歳前後で現役を貫く二人の監督に注目した。

あわせて読みたい

  • 91歳ワイズマン監督が新作「ボストン市庁舎」で描く「理想的な行政の姿」

    91歳ワイズマン監督が新作「ボストン市庁舎」で描く「理想的な行政の姿」

    週刊朝日

    11/14

    書くことに迷ったら「共感」について考えるようにしている−−−アノヒトの読書遍歴:大野更紗さん(後編)

    書くことに迷ったら「共感」について考えるようにしている−−−アノヒトの読書遍歴:大野更紗さん(後編)

    BOOKSTAND

    10/16

  • クリント・イーストウッド監督40作目! 主演も務めた「クライ・マッチョ」の評価は?

    クリント・イーストウッド監督40作目! 主演も務めた「クライ・マッチョ」の評価は?

    週刊朝日

    12/26

    ディディ、創立20周年を迎えるバッド・ボーイ・エンターテインメントのドキュメンタリー公開を発表

    ディディ、創立20周年を迎えるバッド・ボーイ・エンターテインメントのドキュメンタリー公開を発表

    Billboard JAPAN

    3/9

  • 検閲されても魂は売らない 香港映画人が向き合う「国安法」と困難

    検閲されても魂は売らない 香港映画人が向き合う「国安法」と困難

    AERA

    11/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す