紅葉の京都を川端康成「古都」で巡る 60年経っても変わらぬ魅力

2021/11/27 16:00

 川端康成のノーベル賞受賞を決定づけた作品のひとつ、「古都」。主人公は、京都の老舗呉服店の一人娘だ。この作品が特に海外で高く評価された背景には、主人公の数奇な人生が、名所や行事など京都の伝統文化とともに描写されたこともあるだろう。彼女が日々過ごした京都の街を追体験してみよう。

あわせて読みたい

  • 川端が愛した京都と出合う 「古都」で千恵子が訪れた寺院も

    川端が愛した京都と出合う 「古都」で千恵子が訪れた寺院も

    週刊朝日

    11/28

    志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    週刊朝日

    10/26

  • 文豪たちが綴った

    文豪たちが綴った"京都ガイドブック"がとてもステキ

    BOOKSTAND

    1/24

    「もののあはれ」川端康成が憧れた究極の聖性とは?4月16日「康成忌」

    「もののあはれ」川端康成が憧れた究極の聖性とは?4月16日「康成忌」

    tenki.jp

    4/16

  • 日本最大の和楽器フェス、今年は“和楽器バンド監修”のもと開催決定! 鈴華ゆう子のコメントも到着

    日本最大の和楽器フェス、今年は“和楽器バンド監修”のもと開催決定! 鈴華ゆう子のコメントも到着

    Billboard JAPAN

    6/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す