人間国宝・柳家小三治師匠が逝去 “孤高の噺家”が見せた温かな人間味

2021/10/22 17:00

 江戸落語の大看板、落語家として3人目の人間国宝、柳家小三治師匠が亡くなった。享年81。その芸は飄々として緻密。円熟を極め恬淡(ていたん)の域にしてなおにじむ人情味に多くのファンが魅了された。あの「まくら」は、もう聞けない。

あわせて読みたい

  • 一之輔が思い返す柳家小三治の「子供みたいな」笑顔と可愛らしい芸人ぽさ
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    一之輔が思い返す柳家小三治の「子供みたいな」笑顔と可愛らしい芸人ぽさ

    週刊朝日

    10/24

    春風亭一之輔が体験した“恋愛ドラマ”的展開とは?
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    春風亭一之輔が体験した“恋愛ドラマ”的展開とは?

    週刊朝日

    12/6

  • 下重暁子が明かす小三治師匠のイキな姿と談志師匠との関係
    筆者の顔写真

    下重暁子

    下重暁子が明かす小三治師匠のイキな姿と談志師匠との関係

    週刊朝日

    10/29

    落語を“三次元”で検証 そこから見えた大きな流れ

    落語を“三次元”で検証 そこから見えた大きな流れ

    AERA

    10/22

  • マイナンバー制度に「あんなもん絶対流出するでしょ?」の声

    マイナンバー制度に「あんなもん絶対流出するでしょ?」の声

    週刊朝日

    11/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す